副業禁止は法律的にはどうなのか?−弁護士に聞いてみた…

投稿日:2016年12月13日 更新日:

副業禁止は法律的にはどうなのか?−弁護士に聞いてみた…


1

・ 今の会社の給与だけで生活できない、どうにか収入を増やしたい…
・ 副業をやってみたいけど、会社にバレたらどうなるの?
・ インターネットビジネスとか、バイトとかいろいろあるけどどうなんだろう?

と、悩んでいるあなたへ…

副業が法律的にはどうなるのか?弁護士さんに聞いてみたと言う記事を見つけました。
引用マイナビニュースhttp://news.mynavi.jp/articles/2016/10/04/hukugyo/

  
【果たして副業は違法なのか?クビにされても文句を言えない!?】

 
2011年のリーマンショック以来、サラリーマンの状況は
どんどん悪化の一途をたどっているように思います。

2015年〜2016年にかけて平均年収が若干の+になりましたが、
物価の上昇なども考慮すれば、全然生活に余裕ができたとは思えません。

2

統計元:平成26年 国税庁 民間給与実態統計調査結果
引用:http://nensyu-labo.com/heikin_suii.htm

大企業も、中小企業もこの流れの速い現代に置いて
なかなか売上の上昇の予想がつかず、賃金を上げるのは難しいそうです。

実際に、目前には大きな世界恐慌が訪れるとの噂もあり、
まだまだサラリーマンの生活には辛い時代が続きそうです。

しかも、現在ではテクノロジーが発展しており、
単純作業がどんどん必要なくなってきていますし…

実際に、コンピューターを使えない中高年の人はかなりの窮地に
追い込まれているのではないかと予測されます。

これからの時代に合わせた適切なスキルのない人は
ちょっとした事故や、トラブルで離職した後、
悲惨な現実が待っているのかもしれません。

ダイヤモンドオンラインに掲載されていた記事によると、
空白の2年間が致命的になり1年で300件の採用試験に
落ち続けた40代の男性も存在するそうです…。

参考−http://diamond.jp/articles/-/24713/

  
記事によるとそんな時にはハローワークも資格も
全く役に立たなかったそうです。

 ・給料も期待できない…
 ・今の仕事だけじゃ生活もままならない…
 ・このまま一生サラリーマンで終りたくない…

  
そんな事を考えると、私個人の意見としては
サラリーマンをしながら空いた時間で副業して、
独立に必要なスキルを磨いておく必要があると思います。

もちろん、すでにあなたがこれからの時代に必要なスキルをきちんと学び、
例え会社が倒産しても、理不尽なリストラに遭遇しても大丈夫と
胸を張って言えるのならば、問題はないと思いますが…

「もしかしたら…」と少しでも思うのならば、今すぐこの記事を読んで
副業しながら独立の準備を始めてみては如何でしょうか?

現在、日本も「働き方革命」によって副業を推進していく
動きもあるようなので、期待したいところだと思います。

そんな副業について今日はお話して行きたいと思います。
    

果たして副業は違法なのか?

この副業をするのは法律的にはどうなのか?

マイナビニュースに記載されていた記事を元に考えて行きたいと思います。

  
以下…引用——————

そもそも、法律で副業は禁止されているのですか?
社会人の副業は、基本的に禁止されていると思っているhとはおおいのではないでしょうか。実際に、就業規則で副業を禁止している企業はたくさんあります。それでは、副業について、法律ではどのように定められているのでしょうか。

公務員は法律で兼業が禁止されていますが、民間の会社の従業員の副業を禁止する法律は実はありません。就業時間以外の時間はプライベートであり、従業員がどのように過ごすかは、本人の自由だからです。したがって、就業規則で定めないかぎり、従業員の副業は禁止されない事になります。

では、なぜ企業は副業を禁止にするのでしょうか?
先ほど申し上げた通り、多くの会社では就業規則で副業禁止を定めているので、そのような定めがある会社では従業員は基本的には副業が出来ない事になります。

それでは、何故ほとんどの企業が従業員の副業を禁止しているのでしょうか?これはさまざまな理由がありますが、副業に寄って本業がおそろかになる恐れや、副業に寄って会社の品位を落とす可能性を考えてのことでしょう。

副業が発覚した場合、会社をクビになっても文句は言えないのですか?
従業員が勤務時間外の時間をどのように過ごすかは従業員の自由ですので、就業規則で副業を全面的に禁止することはできません。裁判例も、会社の企業秩序に影響せず、労務提供に格別の支障を来さない副業は制限禁止の対象とはならないと考えており、これは副業が認められる場合があることを示しています。

したがって、会社と競業にならない業界の短時間の副業が発覚したとしても、解雇等はできないでしょう。もっとも、過去の裁判例では、非番の日を利用して自ら風呂釜、湯沸かし器等ガス器具の修理販売等の営業行為をしていたタクシー運転手に対する懲戒解雇を認めた事例(辰巳タクシー事件/仙台地裁/平成1年2月16日)もありますので注意が必要です。  

(以下略)
—————引用終わり―——————
引用元マイナビニュースhttp://news.mynavi.jp/articles/2016/10/04/hukugyo/
   
   

ということで、副業禁止に法律的な根拠はないと言うことです。

しかし、副業は法律的には問題がないとは言え、
せっかく空いた時間を使って仕事をするのでから…

より効率良く、長期的に稼ぎたいと思うと思います。

そんなあなたにオススメしたい副業についてお話します。

  

■どんな副業を選べばいいのか?

サラリーマンが副業を選ぶ時に
まず一番始めに考えるのが仕事のかけもちです。

しかし、これは残った時間を切り売りしているだけで、
その場でお金は手に入りますが、時間はどんどんなくなりますよね。

身体も疲れてしまって、仕事の質も落ちてしまうかもしれません。
家族と遊んだり、旅行に行ったりする時間を取る事も出来ません。

しかも、いつまでたっても生活は楽にならず、お金がなくて恥をかき続けます。
その結果、周りに迷惑をかけ、社会から追放されてしまいます。
家族を守る事も出来ず、お気に入りの家からも追い出されるかもしれません。

なので、あまり旨味のある副業ではありません。

どうせ、時間を使うのなら初めはお金が入らなくても
じわじわと伸びていって、最終的に楽になる副業が良いと思います。

そして、もし会社が倒産しても、収入を確保し続けられる副業、
もしくはいつか独立する事が出来るような副業。

そんな、どんどん膨らむ「一生型収入」の副業を選んだ方が良いと思います。

「一生型収入ってなんですか?」

と、疑問に思う人も多いと思うので紹介しておきます。

「金持ち父さん、貧乏父さん」で有名なロバートキヨサキの師匠、
ロバートアレンの億万長者入門によると収入には2つの種類が存在するようです。

ひとつが「それきり収入」、もうひとつが「一生型収入」

あなたが後々、楽してお金を手に入れるためには
この「一生型収入」を手に入れる必要があります。

アルバイトやサラリーマンの収入は一度働いたら
一回だけの収入を得られる「それきり収入」です。

不動産投資や、特許や著作権など一度作った物が
何度も、何度もお金をもたらしてくれるのが「一生型収入」です。

せっかく、生活の基盤は本業でまかなう事が出来ているのなら、
残った時間、一度の労働で何度もお金が入ってくる、
「一生型収入」を作る事に投資する事を強くオススメします。

    
一生型収入を作る副業とは??

de23e88ffc45a3142d80dfb57b9e2431_s
一生型収入になる可能性のあるビジネスはたくさんあります。

   
インターネットビジネス
ネットワークビジネス
情報ビジネス
ライセンシング(著作権や権利など)


その中でも、誰もがすぐに始められるのでオススメなのが
インターネットビジネスです。

インターネットとマーケティングを組み合わせることで
ほぼ自動的にお客を集めて、商品を販売する「仕組み」を
つくりあげることもできます。

代表的なのがアフィリエイト、売れるページを作ったら
後は24時間365日そのページから誰かが買物を
してくれるたびにあなたの収入になると言うシステムです。

代理販売ですので、在庫を持つ必要もありません。

しかも、パソコンと、インターネット回線だけでスタートできるので、
初期費用ほとんどゼロでも開始する事が出来るのです。

もちろん、インターネットで稼ぐので働く場所も
時間も自由に自分で決める事が出来ます。

現在では、アフィリエイトだけでなく広告収入を得られるモデルも
増えてきており、副業として注目を浴びつつあるインターネットビジネス。

しかし、その本質がマーケティングにあると言う事に
気がついている人が数えるほどしか存在していません。

初期費用もほとんどなし、時間と場所の拘束がない、
当たれば大きなお金になり、一度作った物が何度も、何度も収入になる…

そんなメリットだらけのインターネットビジネスですが…

勿論デメリットもあります。
   


インターネットビジネスのデメリット

https___www-pakutaso-com_assets_c_2015_05_c789_kazewohiitemoworks-thumb-1000xauto-14983

そのデメリットはきちんと勉強しなければ、稼げないということです。

初期費用が安くてすむ、好きな場所で好きな時間に出来る、
一度作った物が何度も収入を産み出してくれる。

そんな、メリットだらけのビジネスだけに
たくさんの人が参入してくるので競争が激しいです。

しかし、多くの人が興味本位で何となく始めるので、
長続きせず1ヶ月、2ヶ月で諦めてしまいます。

それもこれも、きちんとマーケティングを勉強してないからです。

逆に言えば、きちんとマーケティグを勉強して、
しっかりと継続をすれば、ライバルが勝手に諦めてくれるので
最終的にあなたは時間とお金の自由を手に入れる事が出来るのです。

もうひとつ、多くの人が勘違いしているのは
インターネットビジネスの勉強というと…

多くの人がプログラミングやシステムや、
機械の勉強と思っていますが…


実はインターネットマーケティングで勉強しないと行けないのは、
ダイレクトレスポンスマーケティングだけです。

それ以外は外注したり、人にお願いする仕組みがあるからです。

今ではホームページも簡単に作れるシステムがたくさんあります。

しかし、売れるホームページのデザイン、売れる文章の書き方など、
システムでは解決できない部分が存在します。

それがマーケティングです。

逆に言えば、このマーケティングをきちんと学ぶことができれば、
あとはそれをインターネットで応用すれば、一生型収入を
手に入れる事が出来るのです。

もしあなたがこのマーケティングについて詳しく知りたいのなら、
今すぐ下のボタンをクリックして勉強を始めて下さい。

⇒オススメのマーケティングスクールはこちらから
   

まとめ
仕事のかけもちで時間を切り売りするよりも、
独立できたり、会社がなくなっても自力で稼げるようになる
ビジネスの勉強をしておくのが一番、確実だと思います。

そうして儲った利益を、不動産や株式投資に回せば、
どんどん、時間の自由と収入の両方を確保できます。

しかも、インターネットを使えば、初期費用ほとんどゼロで
副業レベルでビジネスを作る事も出来ます。

まずは、マーケティングの基礎を勉強してみて、
自分に会っているかどうかを試してみては如何ですか?

⇒無料でマーケティングの基礎を勉強するならこちら

-未分類

Copyright© WEBで起業独立するための成功法則 , 2017 AllRights Reserved.